布ナプキン トップ



tone

SALE


布ナプキン

  • おりもの用
  • 生理日用(少ない日)
  • 生理日用(多い日)
  • 生理日用(夜)
  • 軽失禁用
  • 使い捨てナプキン
  • セット品


お洗濯グッズ

  • アルカリウォッシュ
  • 酸素系漂白剤
  • ホーローバケツ
  • エッセンシャルオイル
  • 防臭チャック袋


冷えとり

  • レッグコレクション
  • 冷え取り靴下
  • はらまき
  • レギンス


雑貨

  • アンティーム
  • デリケートドロップ
  • ポーチ
  • デオドラントシール
  • サシェ


ベビー

  • ホーローおまる
  • 布おむつ
  • 輪おむつ
  • パルクシリーズ

=========PR=========




 



布ナプキンのお洗濯方法

「やっぱり、洗うんだよね・・・?」
そんな不安な声が聞こえてきそうな布ナプキンのお洗濯ですが、
コツさえつかめば意外とラクチン♪
このページでは洗い方の手順やオススメ方法などを紹介します。
お洗濯に関する不安や疑問点はこのページで解消してくださいね。

布ナプキン先輩ユーザー様の声

1.お洗濯前の準備


お洗濯前につけ置き容器や洗剤を準備して下さい。
特にアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)は必需品!

1.つけ置き用容器
布ナプキンをつけ置きできる容器をご準備下さい。
サイズや形はどんな物でもOKです。

Point
中身が見えないタイプは人の目も気にならないですよ。

2.洗剤
経血の汚れにはアルカリ性洗剤や洗濯用石鹸が必須です。
アルカリウォッシュは重曹よりも経血の汚に強く無機質なので環境にも負担が少ない洗剤です。

Point
体に優しい布ナプには天然の洗剤がおすすめです。

つけ置き


布ナプキン使用後の経血の汚れにはつけ置き洗いをして下さい。
アルカリウォッシュがあれば汚れはスッキリ簡単に落ちてしまいます。

つけ置き前に...
布ナプキンのつけ置き前にはしっかりと汚れを落として下さい。
汚れを落としてからつけ置きをする事でシミになりにくくあります。
特に一体型は中まで経血を吸収していますが見えにくいので、汚れを押し出すように洗って下さい。


つけ置き用容器
容器にアルカリウォッシュ水を作り、使用後の布ナプキンを入れていき、半日〜1日つけ置きして下さい。

Point
汚れが酷い時にはつけ置き時間を長くして下さい。
同じお水でつけ置きしていると色移りしてしまう可能性がありますので、お水はこまめに取り替えて下さいね。

洗剤の目安
水1.5リットルに対してアルカリウォッシュ大さじ1杯位が目安です。
※アルカリウォッシュを入れすぎるとプリント生地の色落ち原因となります。

ジュランジェのバケツなら約半分位までの水に対して大さじ1杯強程度です。
ジュランジェの防臭チャック袋なら、Mサイズは半分の水に小さじ2杯位。Lサイズは半分の水に大さじ1杯弱位。

よくあるQ&A
Q.シミが出来てしまいました。捨てるしかないのでしょうか?

 

A.長く使用していると、どうしても出来てしまうシミ。そんなシミには酸素系漂白剤がお役立ち!水1リットルに対し大さじ1杯位を入れてつけ置きをして下さい。水に溶けにくいので、お湯でよく溶かしてご使用くださいね。
酸素系のつけ置きにはアルカリウォッシュは不要です。
※塩素系漂白剤をご使用されますと、プリント生地の色あせの原因、防水布が痛む原因となりますので、ご使用はお避け下さい。

Q.つけ置き時のニオイが気になります

 

A.つけ置き時のニオイが気になる場合は、ティーツリーオイルを数的ご使用下さい。ティーツリーオイルには消臭・殺菌効果がありますので、つけ置きやお洗濯の際に大活躍。すっきりとした香りです。


3.お洗濯


つけ置きが終わったらサッとすすいで洗濯機へ。


汚れが落ちたら洗濯ネットに入れて洗濯機で洗って下さい。
他のお洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってもOKです。

Point
手洗いの場合も脱水は十分に行って下さい。プリント滲みやニオイの原因になります。

お洗濯

4.干す


脱水が終わったら干して終了です。

お洗濯

形を整えて干して下さい。日光で干すと、天然の殺菌効果があります。
充分に乾いていない状態では使用しないで下さいね。
※生乾きはカビの元!

Point
家族の目が気になる場合は、ハンカチなどを使って目隠しする事がおすすめです。


お洗濯時の注意点※乾燥機の使用は縮みや型崩れ、防水布の傷みの恐れがありますので、ご使用はお避け下さい。
※血液が残ると細菌が繁殖する原因になりますので、充分にすすいで下さい。
※柔軟剤は種類により、経血をはじく場合があります。ご使用時にはご注意下さい。
よくあるお洗濯のQ&A

 

Q1.手洗いと洗濯機どちらがいいですか?
A.手洗いの場合、ゴシゴシこすってしまいますと、摩擦により生地が痛みやすくなります。
手洗いの場合でも問題ありませんが、洗濯機の方がおすすめです。

Q2.布ナプキンはどれくらい長持ちしますか?
A.お洗濯の方法、使用頻度にもよりますが、約3年以上ご使用いただけます。
長く使うものなのでお気に入りの柄で揃えたいですね♪

Q3.他の洗濯物と一緒に洗ってもいいですか?
A.つけ置き後、汚れが落ちていることが確認できれば、他の洗濯物と一緒に洗っていただいても問題ありません。
しかし、柔軟剤をご使用されますと経血をはじく可能性がございますので、お気をつけ下さい。

Q4.柔軟剤は絶対使っちゃいけないでしょうか?
A.絶対使ってはいけないということはありませんが、柔軟剤によっては経血をはじく可能性がございますので、ご使用されます場合はご注意下さい。

Q5.洗剤は何を使ってもいいのでしょうか?
A.石鹸やアルカリウォッシュなど、アルカリ性の高い洗剤は経血の汚れを落としてくれますが、一般的な洗濯用合成洗剤ですと経血をはじく可能性がございますのでお気をつけ下さい。

Q6.シミが残ってしまった場合はどうすればいいですか?
A.どうしても取れないシミには酸素系漂白剤をご使用下さい。ツンとする臭いもなく、スッキリ汚れが落ちます。また、つけ置きの予洗い不足はシミの原因になります。
よく洗ってからつけ置きして下さいね。生理終わりかけの経血は粘度が高く落ちにくいので、つけ置きの時間を長めにして下さいね。

Q7.いちご染めやローズ染め、ログウッド染めなどは色落ちや色移りはしませんか?
A.ジュランジェの染めは草木染めをベースにした発色の良い物が多いですが、通常のお洗濯が可能な染め上がりになっていますので、色落ちや色移りなどの心配はございません。
※お洗濯を繰り返すとみられる日焼けや退色は合成染料と同程度です。

Q8.つけ置き時間はどのくらいですか?
A.約4時間〜8時間を目安につけ置きをして下さい。長時間つけ置きする場合は、汚れが逆戻りしないためにも、こまめにお水を取り替えて下さいね。
※夏場はニオイが出やすくなるのでお気をつけ下さい。

Q9.家族の目が気になります。つけ置きしないで済む方法はありませんか?
A.経血が乾燥してしまうと汚れが落ちにくくなります。ご使用後すぐにお洗濯しますと、比較的汚れが落ちやすく、場合によってはつけ置きが必要ないかも知れませんが、汚れが残っていましたら、必ずつけ置きを行ってください。
※家族の目にふれにくい、ふた付き容器チャック袋などもございます。

Q9.つけ置きバケツはどこに置いてますか?
A.布ナプユーザー様にお伺いしますと、お風呂場、脱衣所、トイレ、自分の部屋(家族と同居の為)などなど様々です。生活環境によっても異なると思いますので、ご自分で一番ラク、人の目が気にならないと思う場所を探してみて下さい。
ちなみに...ジュランジェスタッフにアンケートを取った結果、お風呂場と脱衣所(洗面所)の2箇所に分かれました。